うつ病の種類

うつ病の種類

疑問に思ったら早めに対策

多くの人たちがストレスを抱えている時代です。精神的な負担が増えるとうつ病となってしまう可能性もあります。

 

今は身体的・精神的な不調を訴える人が増えており、その原因がうつ病であることが多いと言われています。

 

心療内科へ行ったらうつ病と診断された、という人も多いのではないでしょうか。

 

もし不安を感じたら恥ずかしがらず診てもらうといいでしょう。うつ病は治療をすることができます。治るのも夢ではないのです。

 

さて、それでは自分がうつ病の可能性があるかどうか判断するためにも、うつ病がどういうものなのか知っておいた方がいいでしょう。

 

ここで気をつけなければいけないのが、うつ病には「従来型」と「新型」があるということ。

 

一般的に“うつ病”と言われると、ほとんどの人が意欲がなく精神が病んでいる様子を想像すると思います。しかし新型うつ病は従来型とは違う症状なので非常にわかりづらいのです。

 

一部では「新型うつ病はただの甘え」とも言われています。ですが、昔を思い出してみましょう。

 

従来型うつ病も、当時はやはり心の病気だと受け入れられませんでした。従来型も新型も心の病気であると考えて対処することをオススメします。

 

どんな病気でも早期発見と早期治療が一番です。


ホーム RSS購読 サイトマップ