スティックの故障

スティックの故障

スティックの固定に注意

近年発売されたゲーム機のほとんどはスティック操作が可能となっています。

 

ゲーム機によってスティックの名称は異なり、例えばニンテンドー3DSですと「スライドパッド」Play Station vitaですと「デュアルアナログスティック」となります。

 

スティックを使用することにより立体的な操作が可能となるため、ゲームをもっと楽しめます。

 

ところで、数多く発売されているゲームの中には移動に重点を置かれたものがあります。歩数を稼ぐことによっていいことが起きたり、レベルアップしたりなど。

 

歩数を稼ぐのは簡単そうに見えて意外と大変なもの。ずっとスティックを入力し続けなければいけないので時間がかかり、面倒なのです。

 

そこでよく見かけるのが輪ゴムなどの道具を使ってスティックを固定する方法。一定方向にスティックを入力し続けた状態にできるため、歩数を稼ぐのには最適です。

 

しかしこの方法を使用するとスティックが故障する確率がグンと高くなります。反応しなくなる、誤作動する、などさまざまなトラブルが起こるのです。

 

インターネットでは「より楽に固定する方法」がたくさん掲載されていますが、ゲームを機を大事に扱いたいのであれば“固定”は控えた方がいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ