ウェブサイトとブラウザ

ウェブサイトとブラウザの表示

対応しているサイトを作成しましょう

個人でウェブサイトを作成する場合、注意点がいくつかあります。数年前と比べ、今はブラウザの種類が増えました。

 

主流のブラウザはやはりIEですが、FirefoxやOperaやChromeなど数多くのブラウザが存在します。そしてブラウザにより、ウェブサイトの表示が若干異なるのです。

 

対応しているHTMLにも違いがあるため、Internet Explorerでは表示されてもFire foxでは表示されないということも充分にあり得ます。

 

それからバージョンですね。ブラウザにはバージョンがあり、バージョンアップすることでさまざまな機能が追加されます。

 

機能が追加されればデザインの幅も広がるためすぐに取り入れたくなるでしょう。ですが、それですと以前のバージョンでは表示されないものもあります。

 

個人のウェブサイトですから、すべてのブラウザとバージョンを使用して問題なく動作できるかどうか調べるのは限りなく無理に等しいです。

 

そのため、ウェブサイトを運営するのであれば、説明文などを入力しているスペースに動作確認環境を記入することをオススメします。

 

例えば「Internet Explorer10で動作確認済」といった感じですね。あまりに長すぎると読む側が疲れてしまうので、「IE」と略してもいいかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ